プロフィール

関聘(孫権所属)

Author:関聘(孫権所属)
現在:軍師将軍
プレーヤー(リアルニートになって初めてのオンラインゲーム挑戦中)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
QRコード
QRコード
カレー雑貨のおすすめ
ナックルベア(シークレット) PICT0008.jpg
3000円

ミニグーン

609円

ただで無双コインGETじゃー!!
ブログ広告ならブログ広告.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと危険なラインに

今日は、押忍!操 を打ってきました。

波が激しくて大変ですね。

そのあと、新しいエヴァを打ちました。

前作を超える迫力でびっくりしましたが、チェリーの期待度がかなり低いというか、フリーズしなければ期待できない…というのはやめた方がいいかと思いました。


さて、今日はスロットで買ったのでワインを買って飲んでました。

実に気分が良く、ゴロっと転がってテレビなんかを見ていると、「消費税が国民を救う」といったCMを見たので、「あほかこいつら」と思い、「池上彰の学べるニュース」と検索し、文句を言ってやろうかと思ったのです。

だってそうでしょ。7月11日に参議院選挙があるんですよ。
何を考えてるのでしょう。情報操作もいいところでしょう。

てなことで文句を言おうと思ったら、詳しい内容は書いておりませんでした。

ということで、分からないものはどうしようもないのでついでに色々と調べていたら、以前から気になっていた意味不明な言葉を発見。

「ネトウヨ」


これは一体どういう意味なのだろうと調べたところ、「ネット右翼」というのだそうです。

それでね、それがどうのこうのじゃなく、私、以前から「右翼」と「左翼」の違いがイマイチ明確に分からないのですよ。

まあ、WIKIなんかで見ればわかるような気もするんですが、正確には分からない。

たとえば、右翼は保守的だというようなことが書いてあったのだけど、幕末で考えると、天皇万歳が左翼であり、将軍万歳が右翼なんじゃないかと思うんですね。

ところが、今では天皇万歳が右翼で、えっと、なんというか、外国的というか、半島的というか、そんな方が左翼と言われているようなそんな感じがするわけですよ。

まあ、そう考えると私はどちらかと言うと日本が好きだから右翼なのかなとか、すごく短絡的にすごいことを言ってみたりするんですけど、よくよく考えると、私が小学生のころの教師なんてのは、学生運動まっただ中だった方々が教師となり、私にも「日の丸は良くないんだよ」「君が代というのは、戦争で……」と言ったことを一生懸命に教えてもらい、私は知らず知らずのうちに「日の丸」と「君が代」というのは悪の象徴という感じで刷り込まれていました。

おかげで、今の今まで、君が代を歌ったことが一度たりともありません。
義務教育期間中には、卒業式、運動会、そのほかもろもろで国旗が掲揚されたことは一度もありません。


その証拠に、高校のころに「日の丸と君が代に反対する人と、賛成する人でディベートしよう」という政治経済の授業があり、クラスの全員が前者に回っていたのを覚えています。

ええ。私は高校は東京の学校に通い、育ちは横浜だったので、私くらいの年代の東京、横浜、埼玉あたりの方はほとんどそういった教育を受けていた、ということになってしまいますね。

そんなわけで、ずいぶんと長い間、「左翼は正義 右翼は悪者」というイメージでいたわけですが、そのディベートで強制的に賛成派に回された私は、色々と調べた結果、別に悪いものでもない、という結論に達し、それから刷り込みではなく自分で考えるようになったわけですが。


さて、そんな中、私自身は右翼でも左翼でもなく(名乗るほど偏っていないという意味です)、ただこの日本を愛しているわけですが、この両者って日本を愛しているんですかね。

なんか、イメージ的には右は愛しているけど、左は愛していないというのがあるんですが、よくわからないでいます。

ネットで調べてみても、良くわからないし、ネトウヨという相手を卑下する言葉は見当たりますが、ネトサヨという言葉も見ないし。

民主党が朝日と仲良し的なイメージもある市、産経が反民主といったイメージもあるし。

なんだか、そういったことを考えていくと、何がなんだか分からなくなり、みんな仲良く日本を愛したらいいじゃない、と思ったりもするわけで。

最近、韓国ドラマのアイリスを見ているのですが、アイリスみたいな組織が日本の上層部にいるならば、それを駆除しなければいけないし…もう、妄想が現実だったらどうしよう。現実が妄想だったらどうしよう。といったメビウスの輪に入ってしまって案sクdfはs:dlskjf美緒dんslhふぃm;せ、lrkmさjghbfjsdyfm、亜ぺお;l¥kfあmんpしえfj、という気持ちになってしまうわけです。

こういう話はあまりしない方がいいと習ったんですけどね、別に思想の自由というのもあるわけだし、むしろ、疑問に思うあやふやな部分を隠したまま皆が大人になり、いつしか、本当の意味を知っている世代がいなくなり、ゆがんだイメージだけを残した世代が右だの左だのを語るのは滑稽だなと思ったりもするのです。

「こういう話をしない方がいい」と教えてくれた人たちも、結局どっちか分からないし、何を目的でそういうのかもわからないし。

結局、日本をどう愛するかってことでみんな隠しているんなら、バカバカしい話で、今日本は手と手を取り合っていかなければいけないのに!!



まあ、爆弾が落っこちるときは右も左も関係ないだろ。ってことなんですけどね、最終的には。


みんな裏声でWE are the World.でも歌いましょうよ。

と、過疎ブログだから出来る更新を今日はしてみました。


↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓無双コインは無料でゲットするものです。何を隠そう、私はここでお金をもらうために三国無双オンラインをやり始めたのですから。

スポンサーサイト

金持ちになれるかもしれない情報2

えー、明日は休みなので3記事いっきに更新中です。

さて、そんなことはどうでもよく、前の記事からの続き。

【自分だけはデフレスパイラルを脱却しよう大作戦】


ですね。

まず、どうしてデフレが起こるのか、ということを理解しなければなりません。

さっき説明したのでここでは省きますが、それを理解したならば、次に理解しなければならないのは、

「日本に金持ちはいるのか?」ということ。

正確にいえば、「デフレで困っていない人はいるのか?」ということですね。

ええ、そりゃいるでしょうね。

それは、お金持ちの奥様ですよ~。


まあ、新宿はともかくとして、日本橋の高島屋なんか行って御覧なさい。
格が違いますから。

まじで、お金持っている人がお買い物を楽しむ場所ですよ。

んで、白金なんかで原木きのこを販売してごらんなさいよ。

市場の2倍の値段をつけてもマッハで完売しますから。

そういうわけなのです。


さて、どういうわけか。

つまり、デフレでないところがある、ということです。

ここで、もっと世界を小さくして考えてみたいのです。


たとえば、

1組目:「安売りスーパーで働く夫&その妻」

2組目:「紀伊国屋で働く夫&その妻」


この両者で考えてみたいと思うのです。


1組目の「安売りスーパーで働く夫&その妻」は先の記事でも書きましたが、まさにデフレスパイラルまっただ中。もう抜け出すことはできない状況です。
ところが、2組目の「紀伊国屋で働く夫&その妻」では、そりゃあ、お給料もいいでしょうから(勝手な想像ですが)お買い物も紀伊国屋や成城石井ですよ。

となると、お金の流れには大きく分けて2つあるということ。

よく言われる二極化のラインに沿って、お金が常に流れているということになってしまうのです。

上層では、常に高い買い物のお金が動き、下層では常に安い買い物のお金が動く。
そうなると、その流れにいったん身を投じれば、それに逆らうことなく延々と流れ続ける。

しかし、ここで注意しなければならないのは、下層では常に安いものを求めなければならないことから、さらなる下層へと邁進しているということ。

たとえ上層が上に行かなくとも、二極の間は広がり続けるという図式が成り立ってしまっているということです。
これが、水墨画のように曖昧だった二極の潮の流れが一気に明確なものへと変わっていった原因なのではないかと私は思うのです。

そう思うと、テレビで「節約術」だったり、「賢い主婦の●●」的番組を多く見かけるのもそのその原因の一つではないかと。
まあ、電気代といった光熱費等々は節約して良いものなのかもしれないし、ポイントといったものを利用することは賢い方法なのかもしれないけど、スーパーのチラシを見て、もっとも安いところで買い物をする、ということは、デフレを生み出す要因となってしまったと結果的に言えるのではないかと思わけです。


ですから、逆に、2組目の紀伊国屋夫妻が住む世界には、デフレという事態に陥らない。

実は、前にも書きましたが、デフレ自体は日本特有の現象であるということ。
そもそも、フランスなんかでは、高くても自国の食べ物を買う、という習慣があるようで(本当か嘘かはしらんよ。本当だったら素敵じゃないか)そのことでデフレが起こらないと聞きます。

ということは、これは国民全員にデフレが起こる要因が存在しないわけで、デフレそのものが経済学的な言葉の一つにすぎないというのも納得。

さて、ここからが本題。


【自分だけはデフレスパイラルを脱却使用大作戦】では、まず、妻が夫の会社の給料を上げなければならないというところから始まるわけですね。

しかし、そうは言っても、ターゲットを日本人の大多数を占める下層部分だった場合、簡単に値段を上げるということはできません。

そこで、先日の某社長から聞いた話。

「客が店を選ぶんじゃなくて、店が客を選んでんだな」

ということ。

これは、何となくは分かっていても、ここまではっきりと断言してもらうと分かりやすいです。


つまり、上層の家庭をターゲットとした戦略をとっていかなければならないということになります。

そうすることで、上層のお金が下層にも流れ、徐々に下層と上層の差は縮まると。

もちろん、そうなると上層のお金にも限度がありますが、下層に行ったお金を、生まれてくる中層部分が回収し、それを上層に戻せばいいという寸法なわけです。

こうすることで自分だけはデフレスパイラルから脱却することができる思うのです!


結果的に、自分だけではなく、日本全体からデフレという現象がなくなり、日本は平和を取り戻したのでした。


そうなると、余談ですが定額給付金や子供手当など様々な直接的な政策が行われていますが、結局、高い買い物をしたところで下層は一時的にしか潤わず、最終的には上層で流れるお金が増えているだけということ。

さらに言えば、その流れたお金も、結局は税金で回収されて元通り…ということになります。
大事なのは、お金をばらまいて言葉少なに「高い買い物をしてほしい」ではなく、「あんたの旦那の会社で一番高い買い物をしてね」といった、その用途であり、どうやって下層のお金を増やしていくか、ということになるんですね。


さて、話を元に戻して、そうしていくとですね、当然ですが、上層相手のものばかりが増えてしまい、下層に物が回らない。さらには、上層ではものが余ってしまい、結局、ものが売れなくなってしまうということも起こります。

そこで参考にするのは、先日私が参加してきた超大手の野菜卸さん。

ここでは、もともと安価なカット野菜を大量に卸して経営を成り立たせていましたが、最近では、上層をターゲットとした「質の良いもの」の販売も始めました。

そう、一気に上層を相手にするのではなく、徐々に相手にしていくのです。
量より質。その部分の販路を築きあげていくことが、今後の下層企業に求められていることなのです。

現状はまだ大したデフレではありませんが、これをほうっておくと、地獄絵図のような状況が待ち構えていることは火を見るよりも明らか。

であるなら、それをやって行かなければならないと思うのです。

そいうのも、私自身がお世話になっている農家さんから販売を任されるにあたり、この農家に必要なことを考えても、どうしてもターゲットが上層になってしまうからなのです。

下層の販路を開拓することは、正直、今の段階では考えに全くないです。
ということは、そういった農家が増えてくることを予想すると、一刻も早く上層販路を開拓しなければならないし、一刻も早く、上層のお金の流れに乗らなければ未来がないということなんですね。


販売の担当を任されたときにぼんやりと考えていた目的がはっきりしたのも、直売所の社長さんのお話しを聞けたからなわけですが、その直売所も、すごく面白いことをやっているんです。


普通、直売所は、たとえば椎茸を300円で販売している人がいたならば、後から来た椎茸生産者は290円で販売するという価格競争が始まるわけなのです。

ところが、その直売所では、後から持ってきた人は、前から置いている人の値段よりも高く設定しなければならないというルールがあるんです。

そうすることで、値段で勝負する今までの農業形態から、質で勝負する。それこそ切磋琢磨の企業努力となるわけですよ。

農協は「農」が「狂ってる」で農狂。
生協は「生」が「狂ってる」から生狂なんだ。

その社長さんの口癖なんですが、まさにその通りかもしれません。
生き物である農作物は、天候に思い切り左右されます。それなのに、決められた数量を当たり前のように出荷しろ、というのは狂っていると言えるのかもしれません。

皆が同じように手に出来るように、と考えてなのか。どんな理由があるにせよ、それは不可能なのです。
大半の農家の直売には「天候に左右されるため出荷が遅れる場合がございます」と記載されていますが、それこそ真実なのではないでしょうか。

これからは、不要な卸がどんどんと削除されていく時代へと変わっていきます。

私の手元にも、第一次産業を第六次産業(1+2+3=6)に変えよう!という国がらみの資料がありますが、それも一つの流れなのだと感じます。

良いものを直接届けて行く。その上で企業努力する。そういった時代へと変わっていく中、どれだけ今の状況を客観的になれるか。どれだけ行動をとっていけるか。どれだけ柔軟になれるか。というのがポイントになってきそうだと思いました。


木を見て森を見ず。

これを忘れないようというのと、未知の時代へと移る中、凝り固まったプライドだけは絶対に持たないようにしなければと思ったよい経験でした。


↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓無双コインは無料でゲットするものです。何を隠そう、私はここでお金をもらうために三国無双オンラインをやり始めたのですから。

金持ちになれるかもしれない情報1

昨日、カンブリア宮殿にも出演されたことがあるという某社長さんにお会いしてきました。

つくば市で農作物の直売をされている方なんですがね。

実際にその直売所に行ったら、止まっている車のナンバーはほとんど県外。

決して便利とは言い難いところなのに集客するなんてすごいな~と思っていたら、売り上げは1店舗だけで年商6億円ですって。

いやはや1億ほしいです。

その社長さんとお話ししていると、なぜかのっけからすごい説教されました。

私、初対面で、まだ自分の意見も何も言ってないのにです。

だいたい、こういった社長さんとお話しするときは、のっけから説教されます。

それでも、かなり極端な考え方ではあったもののその一語一句がためになり、勉強になりました。


「農家は生産者ではなく経営者にならなければならない。
だいたい、価格決定権を持っていないってのはダメだ。
スーパーなんかで売られている価格ってのは、スーパーの経営者がスーパーの経営のことだけを考えてつけている価格だろ?
だれも農家を助けようなんて思っちゃいない。
農家が潰れて困るのは自分たちのくせにな。
でも、これは誰が悪いと思う?農家だよ。誰のせいにもしちゃいけない。
農家が他力本願でやってるからそうなるんだよ。

今、規格外(C品)が流行ってんだろ。あんなものを自分の名前で出してどうすんだよ。
自分の名前を汚して、食ってまずけりゃさらに需要が減るだけだろ」


といった感じで2時間ほどお話しを伺えました。

言葉はとげとげしかったですが、今伸びている農業関係の社長さん達はみな同じことを教えてくれます。

世の中を変えたければ、まずは自分たちが変わらなければいけない。
もっと、それを自分の哲学に刷り込めるようにいただいた言葉を忘れないようにしたいと思いました。



そう思うと、確かに、今の日本はデフレスパイラルと言いますし、これからなお日本は、日本史上、経験をしたことがない最悪の状態に陥っていくともいわれます。が。

しかし、この世界にいる人口66億人の中で、2割ほどの方が食べ物を食べれずに暴動を起こしている中、日本の人口1億3000万人のうちの2割の人が食べ物で暴動を起こしているなんて聞いたことがありません。

ポイントとしては

・食べ物の値段が下がっている
・食べ物が食べれないで暴動を起こす人がいない

ということ。
加えて、農家が次々と廃業している現状。

これらを総合して考えると、どう考えても日本には食料が余っている、ということなのです。

日本の食料自給率は40%ほどだと言われています。
もちろん、これはカロリーベースなので…ということで議論される方もおられるでしょうが、実際、いろんな要素を加味すれば、カリローだろうがセロリーだろうが、とにもかくにも自給率は40%ほどになるのです。

だのに、食料は余っている…。

まあ、これに関しては、輸入もあるでしょうし、輸入出来なくなる状況はもうちょっと先の話だから今は置いといて、目前の問題は、食料の値段が落ちているということ。

これは、デフレになる前からのお話しで、食料の値段というのはひたすら落ちていく一方だそうです。


1:スーパーは●円で売る
  ↓
2:運送費に●円かかる
  ↓
3:卸で●円かかる
  ↓
4:だから農家は●円ね


といった風に農家の取り分が決まるわけですがそれが原価割れすることは日常のことで、そのため、多くの農家が猛烈に貧乏だという実態があるのです。

たとえば、お米。
実際、農業関係者に聞くと、「米だけはやりたくない」という人が多いです。
それは、本当に儲からないから。
1年365日、寝ずに働いて、収入は年収250万円程度だということだそうです。

その理由は、先に申し上げた値段の決まり方があるからだそうですが、その額は、1日に30円。

日本人は、お米に対して、1日に30円しか払っていないそうです。
んで、年間を通して日本人が食べるお米の量は60キロ。

つまり、30円×365日=10,950円。

60キロ(一俵)をたったの1万1000円弱で販売しなければならないのです。
缶ジュースに120円掛けることができても、お米には30円しか掛けたくない日本人ってどうなの?と思いましたが、それは販売側が決めていることですからね。

ただ、これからはそうも言ってられないと思うのです。

なぜなら、


日本はデフレから脱却しなければならないから!


そうなのです。デフレは物の値段が安くなるから良い、ではないのです。

そもそも、デフレなんて平たく言えば、スーパーで働く夫。スーパーで働く夫の妻がいたとすると、

1:スーパーの物価が安くなる
     ↓
2:妻は大喜び
     ↓
3:スーパーの利益は落ちる
     ↓
4:夫の給料は減る
     ↓
5:妻はもっと安いものを探す
     ↓
6:夫の店は客が減る
     ↓
7:夫はもっと物価を下げなければならない
     ↓
8:1に戻る


というわけじゃないですか。
しかし、私はこのデフレスパイラルを脱却する一つの方法を発見してしまったのです。

ところが、この方法では、必ず誰かが犠牲にならなければならないのです。
そう、この案に乗れなかった最後の人が犠牲に…。

ま、日本の国は共産主義的考えを望まれて、それを謳えば人気になったりしますが、実際問題、日本は資本主義ですから。犠牲は仕方がないと思ってさあノアの方舟へ。


【自分だけはデフレスパイラルを脱却しよう大作戦】

えー、長くなりすぎたので、次の記事へ移ります。

↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓無双コインは無料でゲットするものです。何を隠そう、私はここでお金をもらうために三国無双オンラインをやり始めたのですから。

もうトシなんでしょうかね…。

最近というか、少し前でしょうか。

農業に興味を持つノギャルというのがいるそうですね。

あと、森に興味を持つ森ガールですか。


じ、じつにいいことだと思います…。


先日、会社の求人で女性を募集しました。

まあ、募集したといっても、今は男女や年齢の指定はできませんから、適齢の女性以外はきてもらっても理由もなくお断りする羽目になるわけですから、そういった年齢制限や男女の指定を出来なくすることに何の意味があるのだろうと思ったり。


そんなことは置いといて、求人募集を見て応募くださった方は結構いて、やっぱ農業に注目している女の子は多いのかなと思いました。


ただ、一つ気になったことが…。

それは、「自然大好きアピールをする」ということ。

これは、面接をした人全員(男性含む)に同じことが言えるのですが、とにもかくにも「自然が好き」というアピールが激しい。

自己アピールでも、「どんだけ自分は田舎に住んでいる」ということを話される方も。


んで、私が農業関係の仕事をはじめ、様々な農家さんとお話しさせていただいたなか、自然大好きだピールをする農家さんは一人としていなかったということ。

実際、農林業は自然を相手にするわけですから、「自然が好きじゃなきゃ出来ない」というイメージを持つ気持ちもわかります。
んが、おそらく、農家さんが求めている人は、自然が好きな人間ではなく、お金が好きな人間だと感じました。

つまり、農家さんは、自然が好きだから農業をやっているのではなく、飯を食うために農家をやっているということ。

だから、虫を殺したり、雑草を殺したりする薬をばらまくのだと思うのです。

もちろん、無農薬にこだわって栽培している方もたくさんいらっしゃいますけど(日本全体の0.14%程度の農家さんです)そういった方々は、無農薬の方が高く売れるからやっているだけだと思うのです。

その証拠に、以前お話しした、完全無農薬にこだわり、皇居や国賓に出す野菜を作っている方も、煙草の吸殻を平気で畑にポイ捨てします。
畑はそこらじゅう、煙草の吸殻が転がっています。

そういったわけで、現場と外野のギャップはものすごく激しいのではないかと感じました。

また、外野のイメージだけを見ると、スーパーに並ぶ野菜たちも、すごくきれいに映っているのかもしれないと思いました。

このギャップを持ったまま吹く風を利用しようとしている人も大勢いるし、ギャップを消そうとしている人もいるし。
いずれにしても、こういった世間の流れをいかに利用していくかが、生き残る農家と消えていく農家の岐路となるのかもしれないと思った今日この頃でした。


↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓無双コインは無料でゲットするものです。何を隠そう、私はここでお金をもらうために三国無双オンラインをやり始めたのですから。

毎日毎日僕らはペッパンポン

この前、仕事から帰ってきてお茶を飲もうと思ったらきらしてました。

ということで、お酒を割るための炭酸水を飲んだところ、あら不思議。疲れが一気に吹き飛んだのです。

どうやら、炭酸水には疲れをとる作用があるようです。


さて、久しぶりにゲームの日記を。


SEKIHEKIでは、レベルを上げるためにマゾいほどの経験値が必要となります。
まあ、オンラインのRPGはほとんどがそうなのでしょうけど。

んで、今の私のレベルは78レベル。
79レベルになるために必要な経験値は、6億4930万なのです。
敵を1匹倒して手に入る経験値は、約1万3000くらいなんですよ。


だもんで、面倒くさいけどクエストをたくさんしなければならないんですね。

ところが、クエストと言っても、ほとんどがあっという間に終わってしまい、結局残るのはレベル関係なく毎日出来るクエストなわけですよ。

この毎日クエに関しては、そりゃレベルに関係ないわけだから、レベル78になるまでに飽きるほどやっているわけで…てか、レベル78になったときに発生したクエはもう終わってしまったのだから、ひたすら毎日毎日毎日毎日同じクエを消化し続けているのです。

そうやっていると、「何のためにゲームやってんだろう」って思ったり。
もう、作業ですよ。作業。

てなことで、それでもここまで来たらカンストの80までやってやるってんで頑張っているわけです。

それでね。

こんな毎日の作業でも変化がほしい私は、一日の目標を決めることにしたのです。


目標:1日1600万の経験値を貯めること

もちろん、それだけ決めたんじゃ、その日にどれくらいかせいだかわからないか、エクセルでまとめているのです。

mokuhyou.jpg

もうね、ほんと思う。
まじで何のためにやってんだろうって。

しかし、そうこうするうちにもう少しでレベル79ですよ。

2010-06-17-21-51-05.jpg

地味ながらも、レベルをあげたときの達成感はたまりません。
加えて、レベル80になったときに必要となるアイテムも今からしっかりと集めているので、80になったら装備を変えてやる!!という楽しみだけでやっています。

まあ、レベル上がったところで、直接的なステータスに大きな変化はないんですけどね。

2010-06-17-21-53-01.jpg


多少攻撃力が上がったくらいで、そのほかはほとんど…まったく変わっていないのです。

それにしても、せっかく買った名匠水は、使うと成長がなくなってしまうって…これじゃ、まじで次の武器交換があるレベル80まで何も出来ません…。

ま、いっか。どうせ、飽きもせずにリアルでも毎日毎日同じ生活を送ってるんですからね。
ええ、ええ。ゲームであろうとも現実逃避ばかりじゃ良くありませんよ。

と、自分に色々と言い聞かせながら明日もSEKIHEKI頑張ります。


↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓無双コインは無料でゲットするものです。何を隠そう、私はここでお金をもらうために三国無双オンラインをやり始めたのですから。

暑い夏は喉が渇く

いよいよ梅雨に入りましたね。

私の原木にも水をあげなければならないので、この時期は散水の手間が省けて助かります。

加えて、雨になると外で作業をするのが嫌だ、という理由で雨休みになるので助かります。

しかし、湿度も気温も高いと、ベトベトとした気持ちの悪い何かが皮膚の表面を覆い、実に不快。
さらに、いつの間にか水分を奪われていて、いつの間にかパフォーマンスが落ちている…ということもしばしば。

そんな時にガブガブと飲む飲み物と言えば、やっぱり麦茶に限ります。
というのも、今まさに喉が渇いたのでアイスコーヒー(無糖)をガブ飲みしたのですが、逆に喉が乾いてしまったからです。

さて、麦茶に助けられた私ですが、ふと疑問に。

欧米の人は、喉が渇いた時に何をガブ飲みするのか?ということ。
アジアの人ならばお茶系なんでしょうけど、欧米の方は…ヨーロッパ系の方はアイスコーヒーかもしれませんが、アメリカの方は一体なにを。

そこで、「どうせアイスコーヒーだろうな」という感じで調べてみると…アイスコーヒーって、スターバックス登場以前では、ほとんど飲まれていなかったらしいです。

それじゃ、ミネラルウォーターなのでしょうか。
しかし、日本人も水がきれいな国のくせに、あまり水を飲まないじゃないですか。
つまり、基本的に人は無味を好まない。
さらに、塩分糖分満点というイメージのアメリカで無味をチョイス…考えにくいです。

そうなると、やっぱりコーラ等の炭酸飲料なのでしょうか。
そう思うと、麦ティーのある日本に生まれて良かったな~っと、小さいながら意外にも大事な点に感謝しながら麦茶をのむ今日この頃です。

↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓無双コインは無料でゲットするものです。何を隠そう、私はここでお金をもらうために三国無双オンラインをやり始めたのですから。

みんなが俺をビビらせる

テレビを見ていると、将来の日本はどん底。

そういった内容のものばかりが目に入ってきます。

確かに、私も同じようなことは思いますし、どうにかしなければいけないと思っています。


ええ、私ごときゴミ虫一匹が「どうにかしなければ」なんて思ったところで何も変わらない、というのは事実かと思います。

でも、日本に住んでいて、日本語で話が通じる今の状態に居心地の良さを感じているので、無理と分かっていても、「どうにかしなければ」と思ってしまうのです。

ただ、テレビの流れを見ていると、どうにも可笑しなことを感じてなりません。

つい先日まで、漢字が読めないだとか、不適切な言い回しだとか、政策云々ではない批判で自民党が第一党を退き、民主党が政権をとったわけですが、その時の支持率は70%に迫る勢いでした。

ところが、数ヵ月後にその支持率は約20%。半分以上の人が民主はだめだという結論に達しました。
んで、総理が鳩山さんから管さんに代わって、支持率はまた60%を超えるという感じ。

流れ的には、テレビで「漢字が読めない」ということをメインの題材とし、株価とGDPが上がっていたにも関わらず敗退に追い込まれた自民党の後に、政策…というか、口が災いしたというか、とにもかくにも民主党が一人ごけした。という感じに映りました。

結局、メディアが誘う方向へと面白いように政治が動くわけで、インタビューなんかを見ても手のひらを返す言葉ばかりが目立ち、一体、誰が日本の将来のことを考えているのだろう、と思えてなりません。


まあ、民主党が、「民主党」ではなく、小沢&鳩山の政権とし、それが失敗した時のために管さんに何の言動もさせなかったのは正解だったのかもしれません。
支持率を見ても、国民はその通りに動いたわけだし、メディアが誘う方向へと国民は簡単に揺らぐわけだから、第二陣として用意していた管さんは、メディアが動く方向に流動的に動けばいいだけ、ということになりますもんね。

もし、私に政治家としてやっていける頭があれば、「少なくとも県外」という諸刃の刃となるリスキーな言葉を用いた時点で、「第一陣は失敗する」ということは当然ながら頭に入れているはずだからです。
今になって思えば、だからこそ「まずは政権交代」という、吹き出しそうになるキャッチコピーだったのかなぁとも思ったり。

あまりにもあっさりと政界引退を告げた鳩山さんも、当て馬となることは覚悟していたのかどうなのか。
いずれにしても、政治家としてやっておられる方々は将棋が強いでしょうから、万事思い通りに進んでいることと思います。


そういった今を見ていると、どうしても感じてならないことがあります。

それは、「すべてが茶番」ということ。

予め台本があり、国民が暇にならないように演出しているだけなんじゃないか。本当は、自民も民主も何にもないんじゃないか、と。

もちろん、そんなことはないのでしょうが、日本がこれから迎える時代というのは、誰が考えても、冷静に見つめれば同じ結論だと思うのです。
なのに、そんなことはそっちのけで国内で人気取りばかりを繰り広げているのだから。

まず、一番に大事なのは日本なのか、それとも政治家の給料なのか。
そこで大きく分かれているようにも思います。
まあ、国と企業が同じ方向、同じ強さで進まなければならないのに、国は企業を馬鹿にし、企業は国を当てにしない今、結局大事なのは個人の今だけという刹那的なレベルに諦めがつくというのも納得できることです。


私も、去年から農林業に携わり、国(県・市)の補助事業などに絡ませてもらっているのですが、そこで言われることは保身的なことばかり。
資料は帳尻を合わせればそれでいいだとか、お金の使い道なんてどうでもいいから、無理にでも指定した領収書にしてくれだとか。

ま、それを利用するこちら側に役に立てばそれでいいんですけど、結局協力なんてしてもらえないし、こちらもそれを望んでいない感じです。お金さえ出してもらえればそれでいい。ってね。


正直、私はどこの政党が第一党になろうとどうでもいいと思っているのです。
ただ、「他力本願な人が多いから」と市の役人は言っていましたが、それだけだと諦めないでもらいたい。

国が日本を諦めたら、本当に終わってしまうように思います。
日本人の国民性がたとえ他力本願だったとしても、それに選ばれた人はリーダーになってもらわなければ困ると思います。
私には政治家になる頭もカリスマもないけれど、それでも日本の未来を考えるとじっとはしてられないのです。

近い将来、日本は必ずダメになる。
誰もかれも、偉い人がそう言います。

それを聞いて、私はビビります。

ならば動かなければと馬鹿なりに思います。

メディアも政治も、ビビらせるんだったら、それを見て喜んでいるばかりでなく「国として日本はどうなるべきか」というのを教えてもらいたいと思うのです。
そして、リーダーならば、人気ばかりを気にするのではなく、日本人を叱咤してほしいのです。
メディアは茶番を演出するのではなく、勇気を与えて日本人に一歩を踏み出させてほしいのです。


揚げ足とりばかりとなった議会では何の案も通らないからという理由で注目されやすいような突拍子もない案を持ってくる。それもいいでしょう。
しかし、日本の未来のために必要な政策をどうやったら成功させられるかというスタイルで与野党一丸で考えてもらいたいのです。


高度経済成長期には、きっと、「テレビが家に来た」「冷蔵庫がある」「車をやっと手に入れた」といったように、ゼロだった生活に次々とプラスされていった時代だったのだと思います。
ところが、今では「●●君は携帯を持っていない」「あそこの家の車は古い」「ハイビジョンテレビじゃないの?」といったようなマイナス要素の探しあいになっているように感じてなりません。

ある程度の水準を満たしてしまったのか、「もっと」というハングリー精神がなくなってしまい、それと同時に色々なことに人々が興味を失ってしまったかのようです。

ついこの前までは「ワールドカップが開催される!」と騒いでいた日本が、今では「ワールドカップって始まってんの?」という感じだったり、オリンピックにしても、ロサンゼルスオリンピックのときには多くの人がマスコットの入った何かを持っていたようにも思う遠い記憶、今では前回オリンピックのマスコットすらなんだったか覚えていないような。

ハングリーだった日本は、常に世界に憧れを感じ、興味を持ち、世界に近づこうとしていたのに、GDP世界2位となってしまった今では、上に興味をなくし、下との差ばかりを気にし、「抜かれるのはいつだ」ということにとらわれてしまっているのだと思います。

だからどうしろ。そういわれると答えは分かりません。
しかし、分からないから何もしなくていい、とは思いません。
戦後直後の日本だってそんなことは分からなかったはずだと思います。
それでも、「もっと」という精神が活気へと変わったのだと思うのです。

まあ、過渡期というか、人口が減ってしまうのはそういうものなのかもしれませんが、日本にはまだまだまだまだ発展する余地も土地もあると思うのです。

私ごときゴミ虫一匹が「どうにかしなければ」なんて思ったところで何も変わらない、というのは分かっていますが、ビビらされた以上は、ゴミ虫だろうが頑張って生きる努力をしたいと思いました。


↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓無双コインは無料でゲットするものです。何を隠そう、私はここでお金をもらうために三国無双オンラインをやり始めたのですから。

日本は平和(ピンフ)だ

今年は去年よりも暑い。

そんな気持ちで仕事をしておりました。

ところが、ハウスの温度を測って比べてみると、去年よりも寒いのです。

春が来て、夏が来て、秋を迎えて、冬が来る。そしたら、またひつこく春が来て。


寒い→暑い

だと暑く感じ、その逆も然り。といったところなのでしょうか。


だからなんだというのだ天気の話。


さて本題。

別に暇ではありません。でも、人間というのは、気になると調べるもので、そのうちに調べるという行為自体が面白くなるもので。

ええつと、きっかけは謎です。思い出せません。しかし、私はあるひとつのワードにたどり着いたのです。


それが「子供」という言葉。


みなさん知ってましたか。

この「子供」という言葉。差別的表現なんですって。

理由としては、「供」という言葉が、お供という言葉を連想させたり、「供え物」という意味に繋がってしまうからですって。
また、子供という言葉の「供」は、それ自体が当て字だから「ども」でいいじゃないか。ですって。


では、当て字で名前が付けられた人はみんなひらがなでいいじゃないか。ってことですね。
でも、そっちの方が差別的な感じがするけど、どうなんでしょ。
外国人が日本に帰化するとみんなひらがなでなのってりゃいいじゃん。それでよくない?ってことなのでしょうか。

また、動物園とか水族館。もしそこで
大人:800円
子供:300円

となっていた場合、大人が動物園か水族館に行きたいから、子がお供する、という感じなんでしょうね。
なんつーか、かんつーか、これを言い出したのってどんな人なんでしょうかね。すごく興味があります。

てか、そもそも「子供」という漢字は「お供」も「供え物」も、そういった意味ではなくただの当て字なわけですから、問題は「連想させるから悪」ということですよね。


んじゃ、「悪」という漢字もダメだわ。だって、ショッカーを連想させるもの。やられやくってことでしょ。世界征服をたくらんでるってことでしょ。

「悪戦苦闘」って四文字熟語はもう最悪ですね。
ショッカーはいるわ、戦場の狼はいるわ、にがぁっ!!はいるわ、鬼神はいるわ。

もう、最悪の連想させますもんね。
そういうときは「あくせんくとう」って書かなければいけないんですね。

ええ、分かってますよ。そうじゃないんでしょ。
本来の意味とは逆のイメージを想像させる漢字がダメってことなのでしょ。
んじゃ、私が住んでる「茨城県」なんてダメじゃん。
別に茨の城ないし。茨から連想するのはベルバラだし。
そうなると、結構多くの地名がダメになりますね。

てか、旧暦の水無月やら神無月とかもダメですね。色々と語源の説はあるものの、たしか、「無」というのが「の」を表していたかと思います。
でも、本来の意味云々ではなく、「今、どう思うかが大事」ってことになるわけだから…。

あ、「必死」もだめだ。必ず死にますから。

「もっと必死で頑張れよ!」

なんて先生か親がいおうものなら、教育委員会直行ですよ。いや待てよ。「必死」を病院の先生に言ってもらいたい。
リハビリ中の患者さんに「必死でやれ!」って言ってもらいたい。

「生存確率0%でやれ!」ですからね。


んで、いい病院を探している人に「必死で病院を探しています!」って言ってもらいたい。

それじゃどんなにいい病院さがしてもダメです。


もう滅茶苦茶ですよ。ええ、めちゃくちゃの間違いです。



う~ん。

そういえば、差別用語と言えば、理解でないのは腐るほどあるけど、「外人」もその一つですね。
外国人の略が外人。それでいいじゃねーかと思ってしまうのですがね。

そもそも、外人も子供も、別に差別用語として使ったことないし。言葉は言霊なんだから意気込みだろーがぁ!
と、なんだかよくわからないけど途中からプロレス風になってみたり。


とにもかくにも、

しちめんどくせぇ。


日本って平和ですよね。
こんなどうでもいいこと言ってりゃ何かが変わっちまうんだから。

それよりも、首相が辞任して株価が上がる日本とか、自分らで選んだ首相がだめだと騒ぐ責任転嫁(正しくは「せきにんてんか」ね。別に嫁が悪いわけじゃないしね)な国民性とか、そういったことを肴に酒でも飲みましょうよ!

…絶対血がでますね。やめましょう。
腹割って話すとレベルが知れるから怖い。それが人間ですから政治と宗教はご法度です。


やっぱ、子供か子どもかこどものどれがいいかで酒を飲むしかないんですね、日本は。

いやー、日本は平和だ。あ、イーハン20符ってことじゃないと思いますから。


※不適切な表現があるかもしれなかったこの日記では、著者はなんの悪意もありません。というか、それよりも何かしら伝えたいことがあったのでご了承ください。何かしらは、日本人ならだれもが持っている「察する」という能力で感じ取り、スルーしてください。


↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓無双コインは無料でゲットするものです。何を隠そう、私はここでお金をもらうために三国無双オンラインをやり始めたのですから。

検索するかい?
・Google検索
カウンター
いつも見てくれて
本当にありがとうございます^^
最近人気だったり、管理人が好きなゲーム
人気オンラオンゲーム

第1位 ナイツオブキングダム (MMORPG)


ナイツオブキングタムとは、7つの世界を巡るファンタジーバトルMMORPG。 プレイヤーは、7つの世界から1つを選択して世界の王を目指します。 ファンタジー抜群の大迫力バトルはもちろん、釣りを初めとした様々なミニゲームも充実。 世界を制覇し界王となり、やがては神に近づく戦いを楽しもう!

第2位タルタロス(RPG)


カワイイグラフィックと簡単な操作で誰でも気軽に爽快なアクションが楽しめる『TARTAROS-タルタロス』は、これまでのオンラインゲームの概念を覆す、エンディングのあるシナリオや、ストーリーに沿って登場する個性豊かなキャラクター性など、コンシューマーゲームのようなやり込み要素の強いゲーム性を楽しめる、これまでになかったオンラインゲームです。

第3位プリウスオンライン(RPG)


プレイヤーは4種族の中から好きな職業を選択し、ゲームを進めていきます。 キャラクターを成長させていくと、さまざまなダンジョンやクエストが登場します。 また、プレイヤーと一緒に武器も成長する他のゲームにはない特徴を持っています。 その他にもダンジョンやクエストだけでなく、釣り・採掘・鉱山占領戦・攻城戦など 用意されているコンテンツも多数。『KAROS ONLINE』を是非、お楽しみください。

掟破り系 ふるぼっこRPG 「アークサイン」 (RPG)


◇前代未聞の百花繚乱◇ 「アークサイン」は、「多勢に無勢で勧善懲悪を貫くヒーロー」のごとく、 カードから傭兵を召喚、 数の力で敵を制圧するといった一風変わった戦闘コンセプトをもつMMORPGです。

ブログランキング
ブログランキング

FC2ブログランキング
OGD.ランキング

ショッピング
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。