プロフィール

関聘(孫権所属)

Author:関聘(孫権所属)
現在:軍師将軍
プレーヤー(リアルニートになって初めてのオンラインゲーム挑戦中)

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
リンク
QRコード
QRコード
カレー雑貨のおすすめ
ナックルベア(シークレット) PICT0008.jpg
3000円

ミニグーン

609円

ただで無双コインGETじゃー!!
ブログ広告ならブログ広告.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は広いぞ大きいぞ

先日、確定申告に行ってまいりました。

パソコンだと並ばなくていいと言うのでパソコンでやりました。

その際、アシストしてくれる人がアラフォーあたりのお姉さん。

私の給与支払報告書の私控えを手にとって「これは使いませんね」と言いながら無造作に机の上にポイ。

信じられない。私、信じることができない。


後でやってきた二十代前半と思われる茶髪のお兄ちゃんに対しては、声のトーンをワンランクアップさせて手鳥足とり。

別にお姉さんにもてたいわけではないのですが(本当はもてたいですが)、裏表のある女に騙されちゃいかんよ少年ボーイってな感じでイラつきます。
まるで稲中に出てきそうな典型的な感じが逆に笑えるわけで。

そっか。それならむしろ得したな。


と言うわけで、毎度のように確定申告で銀行口座を忘れる私は、市役所を二往復ですよ。

つくば市の市役所は研究学園前にあるのですが、その途中、面白い看板発見!!


20120222130813.jpg

信号待ちで、しかも仕事用のピンクのキッズフォンで撮ったため画像は最悪ですが、この看板はロボットに対する注意書きが書かれていたのです。

目をよく凝られば見えてくる「ROBOT ZONE」という文字。

びっくりしちゃった。

この辺は、たまにロボットが通るから、通りかかったときは気をつけてね。というもの。

これってスゲくない?

だってさ、ロボットに注意って見たことありますか?

普通に街をロボットが通るってことだぜ?

しかも注意書きがあるってことは、ロボットは一人でお散歩するってことだぜ?


いやー、もうこうなったら、ウィーンが音楽の都って感覚で、つくば市をロボットの街にするべきだと思います。

実際、つくば市のウリは「科学の街つくば」らしいんですけど、それならそれを本気で目指せばいいんだと思うのです。


ま、それができないのは、たくさんの農家から「つくば市は緑を守れ的な感じでいけ!」っていう圧力がかかっているためです。

そういった理由で、つくば市は「科学の街」というウリと、「都心から近い農業」というウリが存在し、どっちつかずの街になっているんですね~。

やんなっちゃう。


私は思うのです。ならば、すげー科学農家がいてもいいんじゃない?って。

もっと科学と農業が歩み寄ればいいんだよい!って思うんです。


そういうわけで、私はふと思いました。

東京ってさ、若者というか、脂の乗った中年が主役の世界じゃない。

でも、田舎ってさ、昔から土地にいる老人が主役の世界じゃない。

田舎で過疎化が進むのって当たり前だよね~って。


なので、中途半端なつくば市では、その両方がぶつかっているんだな~って。


どっちが正解かって言うと、明らかに前者ですよ。

人が生きているいじょう、街も生きているわけですから、成長しなければならないのです。

その成長は、新陳代謝ってやつですな。


と思ったから、色々と田舎の風習ってやつを調べてみました。

すると、色々と現代にもあるんですね。

田舎行きを決意した私でも、ゾっとしました。


ただ、自然淘汰を待っている暇もないし、真っ向勝負してガンコに勝てる気もしないので、やっぱあれですよ。
お腹は中から綺麗にしましょうってやつですね。

まずは溶け込むことに専念し、中からぶっ壊してやる。



どうやら、私がいこうと考えているところは、山の災害が多いらしいのです。

山の災害は山が死んでいるからなんですよね。

原木椎茸を栽培することは、たま~に「森林伐採」とか言われるんですけど、逆なんですよね。

山の再生化に役立っているのです。


説明しよう。

原木椎茸を栽培するにあたって、最も適している原木は樹齢15~20年程度のものである。

実は、その樹齢の木を切ると、切った後(切り株)からまた新たな芽をだし木は再生する力を持っているのだ。

しかし、20年を超えてしまった木には再生能力がなく、木は年老い倒れるのを待つしかなくなってしまう。

つまり、伐採を行わないということは、一見して山に木が生い茂っているかのように見えるが、実は自らの巨体を支えるのもやっとという老木ばかりとなってしまい、地盤が緩みやすく、また、切っても生まれ変わらないため切るに切れない状態となてしまうのである。

したがって、原木椎茸の栽培と言うのは山の再生化という点で非常に重要な役割を果たしており、地球温暖化を食い止める貴重なエコ資源と言っても過言ではない。

ところが、今や「菌床椎茸」という原木を使用しない椎茸栽培が椎茸の総生産量の8割以上を占め、山の再生はほとんどなされていないのが現状である。

その背景には、味や安全性ではなく、価格を重視した市場が、菌床椎茸の4倍以上もコストがかかる原木椎茸を排除してきたという現実がある。
また、中国産の菌床椎茸の大量輸入と消費により、消費者が間接的に原木椎茸の生産者を死に追いやったということも言い逃れはできない。

このことから、特殊な栽培技術を必要とする原木椎茸を安定的に生産することができる(知識を持つ)人は減り、山は荒れ、林業は衰退し、過疎化が進み、今更ながら各都道府県で特用林産として生産者の育成に取り掛かっているのだ。



と言うことです。

なので、原木の椎茸を栽培すれば山は復活するということなのです!

そのためには、戻りたくない、居たくない場所をぶっ壊さないといけないんですね。

さあ、皆さんも一緒にいってみましょう。

唾を思いっきり飛ばしながら「ぶっ壊す!」

日本人が感じているストレスは、ぶっ壊さないとこにあるんだ!


asadsaedaw.gif


ま、ぶっ壊すって言っても、目指すは柔和に方向修正ですけどね。


↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓オンラインゲームの課金は無料で行うものです。というわけで、777.netの料金もこれで払っています。





スポンサーサイト

理解が深まった セカンド・インパクト~心配ご無用~

先日の日記で書きましたゆとり世代の子が孤立しているという件。

とりあえず、その子の彼氏に最近の様子を聞いてみたのです。

すると、どうやら最近は絶好調らしい。

仕事も、特に多くを求めず、今のままでいいという感じらしい。

「楽な方に逃げるんです」

という彼氏の評論。


どうやら、私のおせっかいというか、深く考えすぎていたようです。

そして、よく考えてみました。


つまり、客観的にどう評価されているかということに興味がない、ということなのではないかと。

そう考えると、実は、目前の問題については、それに気が付いている。

しかし、それを自分がやることで余計な面倒が増える。

加えて、それに対して指示がないため、それを自分の仕事の一部であるという考えではないのでやらない。

ということなのではないかと。


また、新たな仕事を覚えたい、という考えではないので、淡々と命じられたこと以外にはやりたくないからやらないという考えなのでしょうか。

確かに、最近は何かお願いすると面倒くさそうな顔をするし、小声で「めんどくさ」という声もたまに聞こえる。

ふむふむ。


分かった。分かりました!


いわゆるゆとり教育という教育を受けた方は、能力が高いです。

だから、言われたことはきちんとやることができます。

また、ミスも少ないので、ルーティンになった現場においては〝自分はある程度やれる”という自覚が芽生えてしまい、イレギュラーを頼まれることで「そんくらい自分で処理してよ」という感じになってしまうのではないでしょうか。

まあ、そういう態度が見え隠れすれば、上司や先輩はイラっとしますよね。

でも、本人は、仕事とは指示を受けたものであり、わざわざ自らの意思で考え行動するものではないと考えているのではないか。

もし、自ら考えて行動したならば、それは行きすぎたサービスだと思っているのではないか、と思ったのです。


本当にそうならば、ネットに書かれている様々な職場で生じた出来事や、以前、コメントでいただいた皆が忙しく動いているのに何もせず定時にお帰りになる行動などなどの合点がいくのです。


能力はある。目の前に写る事実も受け止めている。しかし、そこまでしたら奉仕である。

ということなのでしょうか。


私も、ずっと不思議だったんです。

どうして、考えて行動出来ないのか。

しかし、それは間違っていたようです。

考えてもいるし、目にも映っているのです。人間だもの。

ただ、概念が違うんだと。


まあ、私の場合は言ったことさえやってくれればそれでいいので気にしていないのですが、考えて動いて欲しい現場だときついなぁと思いました。


でも、〝能力給”って励みになりそうなものですけど、以前テレビで見た〝最近の若者”の風潮が、浪費せず最低限の暮らしができればそれでいい。というものということがやっていたので、そういった観点からみれば「クビにさえならなければ最大限楽な方がいい」という考えに及ぶのも繋がります。

公務員が大人気の職業となるくらいですから、そういうことなんでしょうね。

でも、それは木を見て森を見ず。

まっ、それすらも古い考えでしかないんでしょうけども。

見た目は変わりませんが、人間の中身が変わってきたように思います。

もちろん、それは良くも悪くもなんでしょうけどね。

ひょんなことから私がこうなったらいいな~という日本は、これからの世代は求めていないんだな~と思った今日この頃です。



あ、記事を書いた後で読み返し思い出しました。

この状態。

世界で一番幸せだと言われるブータンに似ているのではないかと。

前にラジオで聞いたことなのですが、ブータンでは、「幸せ」という概念がどうやら日本とは異なるようです。


たとえば、上司が

「1ヶ月後にフランスに行かなければならないから飛行機のチケットを取っといてくれ」

と頼んだとします。

そして、出張数日前に

「飛行機のチケットは取れたかい?」

と上司が聞くと、頼まれた部下は

「満席で取れませんでした」

と言う。それを聞いた上司は、

「満席だったら仕方がないな、はっはっは」


ということらしいのです。

こういう感じだったら、誰もがイライラしませんよね。まあ、先方はイラっとするけど。

とにかく、現実を受け止めるということなのでしょうか。

もちろんね、「1カ月前に頼んだんだからとっとと取らないのが悪いんだろ!!」

とかなるでしょうけど、そういうことにはならないらしいんです。

もしかしたら宗教的な考えがあるのかもしれませんけど。

なので、ブータンで数年間働いていたその日本人は、それを飲み込むまでは決して幸せを感じることはできなかったと。

まあ、ブータンは発電と言う大きな資源があるから成り立つんだと思います。日本では成り立ちませんよね、こういうのは。



しかしながら、大事なのは、世界にはそういう考えの人がいるということ。

否定しているわけではありません。そういう考えの存在を知らなければ理解し合えないということだと思ったのです。

うん。なかなか難しいパズルですね。

この件に関してはもっと考察していきたいと思います。


↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓オンラインゲームの課金は無料で行うものです。というわけで、777.netの料金もこれで払っています。





色んな事を考えるお年頃

は~い。どうも。僕でぇ~す。

ひろみGO風に読んでみてください。

そういう感じで書きましたから。


いやー、色々と悩むお年頃です。

やりたいことがないわけではないので、転職はあまり繰り返したくない。

先日記事にした生産者になるってことが非常に気になる。

てか、4月の募集をみて、生活できる研修費がもらえるならほぼ間違いなく行きます。

行くことにしたのです。


家族経営ってワードで検索してみたら、色々なことが出てきて、良いこともわるいことも、今の職場に当てはまりました。

その中で、最も気になったのは、頑張る人は経営者家族が発展するための生贄って言葉。

たしかにそうなんだよな~と思うのです。

4月に独立しろって話もよく聞いてみると、どうやら私には今まで通り働いてくれ。しかし給料は払いたくない。ってことのようでした。

今までね、タイムカードは15分刻みだったの。

それがね、いつの間にか1時間刻みになってたの。


う~ん。どうでしょ~。


ミスターじゃなくても唸りますね。

固定給でって雇われた人も、定時まで働かないと、明細に「-○時間」が記され、会社から借金しているという扱いになるそうです。

それがいよいよ100時間を越え。それを残業で返そうにも早く帰され。

辞める時にはお金を払って辞めることになるんじゃないかと思っとります。


そういう状況と、役員に家族しかいないという「社員口出し無用」の状態が、たとえ私が独立したとしても関係をもっていて良いのだろうか、と思うのですね。

出るところに出れば問題視されるレベルなんでしょうしね。

ええ、他人事なら間違いなく「馬鹿じゃないの?とっととやめたらいーじゃん」っていうに決まっています。

はやくピザーラが届くところに引っ越した方がいいよってね。


如何せん面倒くさい。

面倒だけれどもやっぱ引っ越した方がいいんでしょうね。きっと。

まあ、今回の件で家族経営ってやつもよく分かったし、一宿一飯の義理は通したし。太平洋でも見に行くか!!

よし、そうときまったら引っ越しの時邪魔になるフィギュアを実家に送ろう。


しかしあれですね。

心に迷いがある時は、それを文字にするのが一番ですね。


↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓オンラインゲームの課金は無料で行うものです。というわけで、777.netの料金もこれで払っています。





インフルエンザ

インフルエンザが大流行だそうです。

皆様におかれましては、どうか、日々のうがい手洗いを小まめにされて、お体をご自愛くださるよう願っております。


というわけで、風邪をひきました。

乾燥しすぎて喉がやられました。

そして、鼻水ドバドバなもんで、耳までおかしくなりました。


体調を崩すと、その人の一番弱い部分から出ると申します。

私は、どうやら喉が弱いようです。

次に耳なのでしょうか。


私、ヘレンケラーという方がいったいどういう方なのかあまり知りませんでした。

目が見えず、耳も聞こえない。

想像もつかないです。

でも、そういった状況にある方は結構多いらしく、テレビで自立するという番組がやっておりました。

中には、青年期に耳と目がきかなくなり、その後、大学教授になられた方がいるそうです。

その方は日本人!

これは本当にすごいことだと思います。

また、先天的に目と耳がきかない方で、大学に進学された方もいるそうで、これもありえないくらいすごいことなんだと思います。

今の私には想像もつかない世界ですが、実際になったらそれを受け入れるしかないんですよね。

その中で前向きに考えて進んでいくということ。


そう思いますと、私は恵まれていると思いますし、障害を持たれている方からすれば、色を見て音を聞くことができるということは、なんでもできるようなすごい可能性を持っていることなんだと思いました。

それにしても、インフルエンザって予防接種をうったことないですが、いや、ある。あるけど、打つと逆に吐き気をもよおしたり体調が崩れるので2回くらいしか打ったことがないです。

でも、インフルエンザになったことがありません。


ということでそれを調べてみると、どうやら、普通、インフルエンザにはならないそうですね。(認識が間違っている可能性大)

感染しても発症しないという人がほとんどのようで、免疫力が低下しているとなるような。

そんなことが書いてあったように思います。

遠い過去からみれば、インフルエンザって何?って感じかもしれませんし、遠い未来を見たら、人類がインフルエンザで滅亡、なんてこともあるかもしれませんね。

宇宙から見た地球って本当に面白いですね。



↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓オンラインゲームの課金は無料で行うものです。というわけで、777.netの料金もこれで払っています。






理解が深まった

私はごみくずのように小さな人間です。

人間、過去のことを振り返ってみると、「なんであの時こうしなかったんだろう」といったことがあるかと思います。

赤面だったり、悔いることだったり。


そして、ある程度の年齢になると、そんな過ちは繰り返さないだろう。と成長すると思うのです。

しかしながら、私はつい先日までの自分を悔いたわけです。

良い年になっても尚、私は悔いている。


過去を振り返れば悔いることもできますが、現在の私にもきっとそういうことがあって、またきっと過去をみて悔いる。

ということは、今の私自身を客観的に見つめることができていない証拠なのでしょう。

きっと何かあると思うのです。

ごみくずですから。


さて、そんな悲観的な私が何を悔いたか。

私ね、「ゆとり世代」って世代が嫌いでした。

イライラするし、一から十まで言わなきゃいけないし。とか思ってました。

そう、まるで、ロボットのように、全ての行動パターンをプログラミングしなければいけなくて、「そこは考えてね」といった人工知能を望んでも返ってこない苛立ちに似ていました。


でも、逆に言えば、絶対にミスって欲しくない一つの仕事が発生した時、どんな人よりも頼りになることに気が付いたのです。

人間ですから、得手不得手があって当然だし、長所を伸ばしながら短所も少しずつ成長させれば良いわけですし、私は絶対にミスってはいけない仕事に対してすごいプレッシャーを感じますし、それでいてミスりますから、そういう状況には絶対に適さない人間もいるわけで。

ですので、命令者が望む場面で力を発揮できないのは、命令者の人選が良くないだけですから、それを指名者に責任を押し付けるのは命令者の我がままであるのではないかと。


まあ、何が言いたいのかと言いますと、いわゆる「ゆとり世代」と言われる方の長所と短所が見えてきたというわけです。
もちろん、世代で区切るのはあまりに大雑把で適切な表現でないことは承知の上であえて使っていますが。

ですので、私の短所であるミスってはいけない仕事でミスることに対して、それを頼める人ができて、私はすごく安心していたのです。

ところがところが。
今日、現状を把握し、それに対応しなかったことに対して、苛立ちを感じておられる人がおりました。
どうも私が頼りにしている人は孤立し始めている様子。

そのことに私は今まで全く気が付かなかった。

私が思う人間は、孤立って言うのはすごく残酷なものだと思うのです。
私の過去を見ても、やってもやられてもきつい。

「そういうの、やめようよ」

の一言を、何度、頭の中で過去に戻り言ったことか。
現実で言えない場面があったということです。

悔いることは大事だと思うのですが、なぜ大事かと言えば、自分を修正するためなんだと思います。

人との接し方が下手な人も心の中は人間だし、多くの人が気が付くことに気が付かない人だって人間。
自分と同じように傷つく人間なんですよね。

人は自分じゃないから逃げ道をなくすまでやってしまうということもあるかもしれません。
それは過ちなんだと思います。
喧嘩をしても相手に逃げ道を用意しなければ絶対に駄目なんです。

そして、いいとしこいたおっさんは、逃げ道がないことに気が付いたら、逃げ道を作ってあげなきゃいけないんだと思います。

女の社会に飛び込むには、おっさんには勇気が要りますが、あとあと悔いるくらいなら鼻をつまんで目をつぶって滝に飛び込まなければならないなと思いました。



↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓オンラインゲームの課金は無料で行うものです。というわけで、777.netの料金もこれで払っています。






うるさいうるさいうるさいうるさい!

えー、五月蠅い。

五月のハエですね~。

何がそんなに五月蠅いのかって言うと、イベントの手続きです。

今度、上野駅でイベントをやるんですが、その登録がもうめちゃくちゃ面倒くさい。

事前にバーコードを作るらしくて、その商品登録屋ら登記簿謄本やら、とにかく五月蠅い!!

そもそも、イベントでバーコードを作るのは自殺行為なのです。

だって、お客さんと生産者が直接触れ合うのですから、お客さんの値切りや、販売側の抱き合わせとか、色々あるから楽しいのに、バーコードで管理されちゃったらそれができないのです。

こんなに面倒くさいのに売れないんだから、もう行く気しない。


しかーも、その登録しろだとか資料返せの納期がとにかく短い。

今日メールを送ってきて明日までとか、ふざけんなってんだてんだ!

それが何回も何回も、もう五月蠅い。

JRうぜえ。お役所にちけぇ。


ということで、そのイベントはやる気なくなっちゃったので、上の見物でも楽しもう。


さて、そんな五月蠅いお話はおいといて、人と話していてたま~に思うこと。

この日本語はどっちで使ったらいいんだ?って瞬間ありませんか。


年上のおじさま方と話しているときには、やっぱりよいしょって大事じゃない。

そんなときに、「役不足」って言葉を使ってもいいのかどうか。

そして、「君主豹変」とか。


間違った解釈をされると最悪ですものね。

言葉って変化していくものだと思うものの、変わっている最中の言葉って難しいですね。

こういった言葉はそもそももう使わない方が良いのでしょうね。

こういう言葉の多くってきっとテレビが変えていくんでしょうね。

ほんと、テレビを見ると馬鹿になります。

まあ、馬鹿にしてやれって気持ちで番組制作に取り組んでいると聞いたこともありますので、あながち嘘じゃないんでしょうね。

もうテレビは見ない!馬鹿番組しか見ない!!

もうエコーが手放せない!


あ、そうそう、あのイボ。

ぶっ潰してやりました。

そして抗生物質を塗って、膨らまないように押さえつけたら、ほんとに膨らまなくなりました。

しかも痛みもなくなってきたわけなのです。

やったね。

やっぴー。

のりピ○。

そういうわけで、良くわからない五月蠅い日記終了。



↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓オンラインゲームの課金は無料で行うものです。というわけで、777.netの料金もこれで払っています。






2週間ぶりの休み

というわけですので、久しぶりにギターを手にしました。

チューニングをして、CDに合わせて弾き、久々の重低音の気持ちよさに酔いしれておりました。

すると、5弦がプツリ。


パワーコード大好きな私のギターは、すぐに5弦が根もとから切れます。


そういうわけで、やることのなくなった私は、イボをいじることにしました。

もう、やることはイボいじりしかないんですね。


んで、鏡を見てみると、膿の突起が2つ。

そいつを針の先端で破り、今回はゆっくりゆっくりと周りから絞りました。

まるで牛のミルク絞りのように。


すると、中からはクリ~ム色に少し緑がかった膿がドロドロと。

「なぜ緑!?」

と思いましたが、そのまま絞り続け、今回は2つ同時ということもあって、大量の膿が出ました。


そして、ついに膿ができったのが、血が出ましたが、まだまだイボは大きい。

ということでさらに続けていくと、今度は水がドバドバ出てきました。

このイボのふくらみは、大半が水だったようです。

後でネットで調べたら、どうやらリンパ液のようです。

リンパ線の上にできたものだから心配していたのですが、詳しいことは分からないし知りたくもない。

とにもかくにも水を出し続けると、エンドレス。


イボが小さくなっては水を補給しての繰り返し。

「これは俺がカピカピになるまで出続けるな」

と思ったので、マキロンで消毒しまくったという次第です。


予想していた膿の固まったものなんて全く出なかったし、絞りに絞ってもその存在を確認できなかった。

ということは、これは私が予想していたイボの種類とは異なるのだろうか。


というか、膿の緑色というのが気になって調べたら、なんかやばそうだった。


いや、緑の濃度が全然違う!と思い、ポジティブに。

いや、目をそらすということは肯定していないわけだからネガティブなのか。

そんな言葉遊びなんて今はどうでもいい。

とにもかくにも膿は出尽くしたんだ。

そして、やることもなくなったんだ。


散歩して帰ってきてまたイボが痛くなったらまた膿が発生しているということ。

もうこんなのは嫌だ。

こういう時こそ、精神を集中させ、全快へと想像を膨らませよう。

人間は、負けている時こそ真価が問われる。

ネガティブでもポジティブでもない。前向きに。

不安など進めば消えるものなのだ。

不安になったら手を動かすんだ。

ということで、スロット打ってきます。



↓ポチッと押してみてください。心にホッと一息つく瞬間です。
FC2ブログランキング

↓オンラインゲームの課金は無料で行うものです。というわけで、777.netの料金もこれで払っています。






検索するかい?
・Google検索
カウンター
いつも見てくれて
本当にありがとうございます^^
最近人気だったり、管理人が好きなゲーム
人気オンラオンゲーム

第1位 ナイツオブキングダム (MMORPG)


ナイツオブキングタムとは、7つの世界を巡るファンタジーバトルMMORPG。 プレイヤーは、7つの世界から1つを選択して世界の王を目指します。 ファンタジー抜群の大迫力バトルはもちろん、釣りを初めとした様々なミニゲームも充実。 世界を制覇し界王となり、やがては神に近づく戦いを楽しもう!

第2位タルタロス(RPG)


カワイイグラフィックと簡単な操作で誰でも気軽に爽快なアクションが楽しめる『TARTAROS-タルタロス』は、これまでのオンラインゲームの概念を覆す、エンディングのあるシナリオや、ストーリーに沿って登場する個性豊かなキャラクター性など、コンシューマーゲームのようなやり込み要素の強いゲーム性を楽しめる、これまでになかったオンラインゲームです。

第3位プリウスオンライン(RPG)


プレイヤーは4種族の中から好きな職業を選択し、ゲームを進めていきます。 キャラクターを成長させていくと、さまざまなダンジョンやクエストが登場します。 また、プレイヤーと一緒に武器も成長する他のゲームにはない特徴を持っています。 その他にもダンジョンやクエストだけでなく、釣り・採掘・鉱山占領戦・攻城戦など 用意されているコンテンツも多数。『KAROS ONLINE』を是非、お楽しみください。

掟破り系 ふるぼっこRPG 「アークサイン」 (RPG)


◇前代未聞の百花繚乱◇ 「アークサイン」は、「多勢に無勢で勧善懲悪を貫くヒーロー」のごとく、 カードから傭兵を召喚、 数の力で敵を制圧するといった一風変わった戦闘コンセプトをもつMMORPGです。

ブログランキング
ブログランキング

FC2ブログランキング
OGD.ランキング

ショッピング
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。